雇用統計はバイナリーオプションにチャンス

はじめに

株式市場、為替市場の金融市場において毎月発表がある「アメリカ雇用統計」という経済指標がとても重要であることが知られています。

アメリカとついているのでアメリカ市場だけ影響しそうと思われがちですが、アメリカは世界の中心の金融市場なので、世界のマーケットにも大きな影響をもたらします。

その中でもとくに、アメリカ雇用統計の発表前後では為替市場に大きな値動きがあります。FXやバイナリーオプションをするにあたりこのアメリカ雇用統計は避けては通れません。

大きく儲けるチャンスでもありますし、今後のトレンドを決める要素になるので注目しましょう。どういった点に着目すればよいのか見ていきましょう。

アメリカ雇用統計って何なのか?

市場において、各国の政策金利というものは市場に大きな影響をもたらします。

アメリカの政策金利を決める際に「物価」と「雇用」の2つの状況を考慮して決められます。

雇用に関しては雇用統計を見て、どういった状況なのか判断をします。

雇用統計には失業率、非農業部門雇用者数、建設業就業者数、製造業就業者数などさまざまな指標がありますが、重要とされているのは「失業率」と「非農業部門雇用者数」です。失業率は、経済の安定性を示しています。

非農業部門雇用者数は、農業以外の仕事に従事している人がどれだけ増えたかを示しています。

アメリカが自国経済の状態を維持するためには毎月非農業部門雇用者数で10万人の増加が必要だと言われており、成長するためには20万人以上の数値が必要だとされています。

そのためこの数値の状況で10万人以下なのか、10万~20万なのか、20万人以上なのか、予想とどういった食い違いがあるのかで為替相場が大きく変動します。

非農業部門雇用者数がよいとどうなるのか?

非農業部門雇用者数がよくなるとどうなるのでしょうか?

この数値がよければアメリカ経済がよいことを表しています。

そのため、ドルが買われます。

なので円安方向に進むことになります。

逆に数値が悪ければアメリカ経済の状況があまりよくないことを表すためドルが売られ円高方向に進みます。

またあらかじめ予想があるため予想とずれ、予想より良ければ円安へ悪ければ円高方向へ進むことになります。

雇用統計のときはどうやってトレードをすればいいの?

雇用統計は一方的に相場が進む場合と進んでから反転して進んでいくパターンがあります。

一方的に相場が進む場合は早くその波に乗りましょう。

上げ下げはあまりなく一方方向に進んでいくことになります。

そのため、すごい速さで進んでしまうためあきらかに上げすぎな状態、下げすぎな状態ができあがります。

そうなってくるとそこでドルが再び売られたり買われたりして反対方向に進むことになります。

そこでまた上がったり落ちたりするのでそこでポジションをつくっていくとよいです。

進んでから反転する場合では、例えば下げたと思ったら発表前の値に戻り、上げていくパターンです。

これもすぐに反転がはじまります。

反転して元の位置に戻ってきたらそこでポジションをつくってよいです。

またこの場合も下げて上げてはいいものの、短絡的な流れにすぎないのですぐに天上をつくる可能性があります。そこで再び仕掛けていくのも1つの手です。

勝負しないことも戦略の1つ

雇用統計で取引をしないというのも戦略の1つです。これはどういうことかというと、雇用統計はあくまで今後のトレンドを決めるための重要な指標であると取られ取引をしないのです。

いったりきたりの相場になる可能性もありますし、状態がよくても円安にならず円高にふれるときもあります。

このようにわけのわからない動きをすることもあるので自分の考えたシナリオと違ったら取引をしずにトレンドを見極める指標として使うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です