為替のパターンを分析しよう

FXでのパターンは、それぞれのチャートやそれぞれのチャートで異なりますが、この形が出たら価格が上昇する確率が高い、逆にこの形が出たら価格が下落する確率が高いということをパターンと呼んでいます。

ローソク足のパターンを紹介するなら、始値と終値はほとんど同じでも下ヒゲが異様に長い状態のローソク足が出現することがあります。

この状態のローソク足から読み取れることは、下値を確認したことでもうここより価格は下がらないということ。

つまり、次は価格が上昇する可能性が高いことが予想できます。

このパターンが、下落トレンドで出ると相場の終わりを迎えているかもしれませんので、注意をすることを教えてくれます。

このように、ローソク足にもパターンはあるのですが、他のテクニカル分析にもバターンは存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です