投資家心理を数値化した「サイコロジカルライン」

サイコロジカルラインとは、投資家の心理状態を表している指標です。

投資を行っているのは人間ですから、5日連続相場が上昇したら、

「もうこれ以上はあがらないだろう」「そろそろ下がるのではないか」
と考えてしまいがちです。

これを数値化したのが、サイコロジカルラインです。

具体的には、過去12営業日のなかで、相場が上昇した日が何日あるのかをカウントし、
その上昇した日を12で割って計算します。

なので、もし過去12日のうち6日上昇したなら、6÷12×100(%)で50%、
10日上昇したなら、10÷12×100(%)で83.3%となります。

この数値が75%以上なら相場が上がりすぎ、
逆にこの数値が25%以下なら相場が下がりすぎとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です