バイナリーオプションは経済指標を見る必要がある?

結論から言えば、バイナリーオプションでも経済指標は気にするべきです!

バイナリーオプションだけで取引をしている方は、あまり経済指標を知らないといった人もいるでしょう。

でも、バイナリーオプションで取引に利用しているのは、各国の通貨です。

各国の通貨は、経済指標によってレートが上下します。

そのため、経済指標を知っておくと、取引に使っている通貨のトレンドや波が荒くなるタイミングが分かるため、バイナリーオプションにおける心強い味方となってくれるでしょう。

GDPや雇用統計、貿易赤字といったキーワードであれば、一般の人でも耳にした事が有るかと思います。

今回は、そんな経済指標の中でもバイナリーオプションにとって重要な経済指標をご紹介します。

通貨を取引材料にするならば、経済指標は必ずチェックしなければならない要素です。

どんな取引でもチェック必須! アメリカの「失業率」と「非農業部門雇用者数」

まず、経済指標の中でご紹介しなければならないのは、アメリカの「失業率」と「非農業部門雇用者数」です。

アメリカの「失業率」と「非農業部門雇用者数」は、為替取引にとって最重要と言える経済指標となっています。

特にドルや円といった通貨に対して、大きな影響を与える経済指標であるため、ドルや円といった通貨で取引をしている方は、必ずチェックをするようにしましょう。

「失業率」と「非農業部門雇用者数」が発表されるのは、毎月第一金曜日、日本時間で午後9時30分から午後10時30分を目安に発表されます。

「失業率」と「非農業部門雇用者数」の発表時間は、状況によって時間がある程度ずれる可能性があるため注意が必要です。

アメリカの「失業率」と「非農業部門雇用者数」は、過去にドル円といった通貨ペアにおいて、1時間程度の短時間で1円以上レートが変化したというとんでもない経済指標となっています。

しかも、1時間程度で1円以上レート変化したという事は、1日スパンで見ればもっとレートが変化したと考えられるでしょう。

アメリカの「失業率」と「非農業部門雇用者数」には、レートを大きく動かすだけの力が有ります。

相場も荒れ模様になる可能が十分に有るため、注意して取引を行いましょう。

ユーロ系の取引なら絶対チェック! 「ECB政策金利発表」

次にご紹介するのは、ヨーロッパの中央銀行から発表される経済指標「ECB政策金利発表」です。

「ECB政策金利発表」は、ユーロ系における経済指標の中では、最も重要な経済指標と言っても過言ではありません。

特にユーロを軸とした通貨ペアに影響が有るため、ユーロ円といった通貨ペアでバイナリーオプションの取引をしている方は、絶対にチェックをしておいた方が良い経済指標となるでしょう。

「ECB政策金利発表」は、アメリカの「失業率」や「非農業部門雇用者数」と同じく、相場に対して大きな影響を与える経済指標です。

過去には、ユーロ円の通貨ペアにおいて、数分間という超短時間で1円以上のレート変動も起こした経済指標となっています。

比較的レートが安定しているユーロでも、かなりのレート変動がある経済指標となっているため、むやみやたらに取引をして損失を出さないように注意して下さい。

イギリスのユーロ離脱で注目度アップ!? 「BOE政策金利発表」

最後にご紹介するのは、イギリスのイングランド銀行が発表する経済指標、「BOE政策金利発表」です。

「BOE政策金利発表」は、アメリカの「失業率」や「非農業部門雇用者数」、ユーロの「ECB政策金利発表」に負けないぐらい、相場に影響が出る経済指標となっています。

イギリスの経済指標となっているため、ポンドを軸とした通貨で取引を行っている人はチェックした方が良いでしょう。
「BOE政策金利発表」は、過去にポンド円といった通貨ペアにおいて、1円以上のレート変動を起こした経済指標です。
イギリスがユーロ離脱を決めたため、今後は更に「BOE政策金利発表」が注目されるでしょう。

今回ご紹介した経済指標は、バイナリーオプションをする上で、これだけでも知っておいた方が良いとされる経済指標です。

他にも重要な経済指標は多々有るため、今まで経済指標を知らなかったという人は、一度経済指標の一覧に目を通しておいた方が良いでしょう。

経済指標は、利益を増やす、損失を減らすといった要素にとても重要な要素となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です